丸い氷ができる製氷皿、ダイソーと高いのは違う?作り方のコツは…

丸い氷ができる製氷皿yukipon、100均でも買えるんだ♪と、喜んで買ってみました。
でも、ちょくちょく真ん中で割れてしまうんです。

丸い氷の作り方・コツや、100均じゃない商品との違いのほか、ダイソーやセリアなどで買える製氷皿で使ってみて良かった製品をご紹介するッス!

▼100均じゃない製氷機はこちらを使いました。

スポンサーリンク

丸い氷ができる製氷皿yukipon、ダイソーと高いのは違う?

結論を言うと、丸い氷ができる製氷皿yukipon(ダイソー)と高いのは、違いました

今回、比較したのは ↓ こちら

ライクイット(like-it)の商品、税込550円です。

通販で、あと500円買ったら800円の送料が無料になる…という時に買いました(笑)。

それより前から、ダイソーやセリアで購入できる、丸い氷が3個できる製氷皿も使っていました。

でも、100均の丸氷製氷皿yukiponには、少し不満があったんですね。

まず、下の容器の上まで水を入れて、そ~っと蓋をして…上の穴からたくさん水がでてきて、何だかもったいない。

氷が出来上がると、容器が少し広がって周りから水が漏れたり、氷のまわりに羽ができることがある。

氷を製氷機から外しにくい。

飲んでいると、ときどき、まん中で2つに割れる。

でも、一度に3個つくれるし、税込110円なら、じゅうぶん満足という感じ。

だけどやっぱり、少し価格の高い物は違いました

水を入れるガイドラインがあって、そこまで水を入れて、そーっと蓋をすると、ほぼ水漏れがありません。

外すときも、本体に柔軟性があるので、外しやすいです。

1ヶ月くらい使っていますが、今のところ、飲んでいる途中で割れたことはありません。

デメリットを言うなら、値段が高いのに、1回に1個しか作れないというところですね。

でも、また機会があったら、ライクイット(like-it)のこの商品、もう1~2個、購入したいです。

▼Amazonでブラックなら、お買い得みたいです。

created by Rinker
ライクイット(like-it)
¥373(2021/09/20 07:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

丸い氷ができる製氷皿、100均のダイソー・セリア製での作り方のコツ

ダイソーやセリアで購入できる、100均の丸氷ができる製氷皿yukipon。

税込110円で、一度に3個の丸氷が、このくらいちゃんと作れるなら大満足ではあります。

でも、やっぱり、飲んでる途中で割れちゃうのとか、イヤですよね。

だから、色々試して、効果があったかな?と思えたポイントを紹介します。

水は、ちょっと少な目

袋の説明書きには、下のトレイの上まで水を入れるとなっていたと思います。

でも、少し少な目、上から5~10mm位したの所まででも大丈夫。

むしろ、周りや上のトレイの穴からあふれる水が少なくていいかもしれません。

側面を押さえながらフタをする

下のトレイに8~9分目の水を入れて、上のトレイをのせたら、下のトレイの側面を押さえながら、上のトレイを下ろします。

水が上のトレイの穴からしか出てこないようにするイメージです。

それでも、やはり容器が広がってしまったり、飲んでる途中で割れる氷があるかもしれません。

でも、少し仕上がりが良くなることが多かったです。

結束バンドで固定する

↓ このような結束バンドで、2~3か所しばって固定するといいみたいです。

ピッタリの長さを作っておけば、何度も再利用可能です。

私もやってみました。

結束バンドを、丸氷1つごとに1本かけて固定しました。

丸い氷ができる製氷皿、ダイソーと高いのは違う?作り方のコツは…
結束バンドつきで凍った後の状態

少しは上のトレイが浮いているようですが、かなりしっかり固定できたようです。

そして、外してみた仕上がりは ↓ こちら。

丸い氷ができる製氷皿、ダイソーと高いのは違う?作り方のコツは…
結束バンドをかけて仕上がった丸氷

少しつなぎ目のところにはみ出しがあるものの、結束バンドで固定しなかったときより、かなりきれいな丸氷ができました。

ちなみに、結束バンドで固定しなかた場合が ↓ こちらです。

丸い氷ができる製氷皿、ダイソーと高いのは違う?作り方のコツは…
固定せずに凍らせた場合

なるべく無駄のない水の量で、抑え込むようにして凍らせましたが、かなり上のトレイが持ち上がっています。

外してみると、つなぎ目にシッカリはみ出した氷ができてしまいました。

丸い氷ができる製氷皿、ダイソーと高いのは違う?作り方のコツは…
固定せずに凍らせた場合

固定しなかった場合のはみ出した氷も、軽くたたくようにするとわりと取れます。

でも、仕上がりも追求したいなら、結束バンドで固定するといいかもしれませんね。

結束バンドを繋げる方法は、
↓ こちらです。
■結束バンドの長さが足りない時につなげる方法。連結は向きに気をつけて!

丸い氷ができる製氷皿以外に、ダイソーやセリアでおすすめな製氷機は

実は私、ダイソーやセリアの製氷機は、さんざん試してきました。

その中で、おすすめなのは↑こちら。

5個×2列で、1回に10個の氷ができる製氷皿です。

けっこう大きめの氷ができるので、溶けにくく、氷が長持ちします。

でも、重ねて使うと、下の製氷皿だけ、少し氷がはずれにくくなるようです。

それでも、致命的にはずれないわけではないので、今はこれを中心に氷を作りたしています。

そして、もうひとつのおすすめは ↓ こちら。

7個×3列で、1回で21個の氷が作れる、蓋付きのタイプです。

さっきのより、ぐっと小さい氷になりますが、コロンとしていて、わりとシッカリした感じの氷ができるので、長いあいだ使っていました。

丸い氷ができる製氷皿、ダイソーと高いのは違う? まとめ

ダイソーやセリアで購入できる、100均の製氷皿yukiponは、税込110円なら大満足。

でも、少し値段の高い商品なら、よりキレイな氷が簡単に作れます。

とはいえ、お店でお客さまに提供するわけでもないなら、多少形が悪かったり、飲んでる途中で割れても、問題ないかもしれません。

ご自分のニーズにあった製氷皿を見つけてくださいね。

ダイソーやセリアで購入できる、100均の製氷皿yukiponなら、税込110円だから、気軽に試してみるのもいいかもしれないッスね♪

▼今回、比較したライクイットの俺の丸氷はこちら。

▼ブラックなら、Amazonでお買い得♪

created by Rinker
ライクイット(like-it)
¥373(2021/09/20 07:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

合わせて読みたい

★ライクイット 俺の丸氷 製氷皿 レビュー♪口コミや使い方も紹介します(近日公開)

▼1度に2つ作れるものもあります。

created by Rinker
ドウシシャ(DOSHISHA)
¥1,494(2021/09/20 07:38:01時点 Amazon調べ-詳細)

▼1回でたくさんつくるなら、これかも!

タイトルとURLをコピーしました