サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?

この記事では、サーモス 真空断熱カップ JDH-360をご紹介します。
メリットばかりではなく、デメリットと考えられる点も包みかくさずお伝えしますね。

一般ユーザーさんの口コミなども集めました。
ご参考になれば幸いッス!

すぐに サーモス 真空断熱カップ JDH-360 をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてくださいね

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥868(2021/10/19 21:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

▼少し小ぶりなJDH-280(280ml)も♪

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥787(2021/10/19 23:48:16時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

THERMOS 真空断熱カップ JDH-360 購入の理由

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?
引用元:楽天市場

まずは、サーモス 真空断熱カップ JDH-360を購入したくなった理由をご紹介いたしますね。

360ml がちょうどいい

じつは、サーモス 真空断熱カップ JDH-360を購入するまえに、JDM-420を購入していました。

▼サーモス 陶器調タンブラー JDM-420 はこちら。

サーモス 陶器調タンブラー JDM-420の性能は、申し分ありませんでした。

夜に氷が残っているまま放置すると、翌朝に氷が溶け切ってないこともありました。

でも、私には420ml は大きすぎたんですね。

夫は大きさも気に入ったと言っていたので、JDM-420は夫に使ってもらって、自分用にひとまわり小さいタンブラーを購入しようと思いました。

そこで、前から使っていたマグカップの容量を計ってみたら350ml でした。

だから、350ml くらいの大きさで探して見つけたのが サーモス 真空断熱カップ JDH-360

やはり、このくらいの大きさがちょうどいいです。

安定感もバッチリ

サーモス 真空断熱カップ JDH-360 は、太めで低めなので、安定感がとてもいいです。

(直径8cm×高さ9.5cm)

サーモス 陶器調タンブラー JDM-420が安定しないというわけではありません。

でも、やはり高さがあるし、底がすぼまったデザインなので、JDH-360に比べると、倒れやすいですよね。

シンプルでリーズナブル

サーモスのタンブラーやカップにはいろいろな製品がありますよね。

ステンレスタイプは、金属感がつよいので、苦手に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、使ってみると、口あたりもなめらかだし、意外と平気でした。

それに、陶器調のものや、カラーリングされたものより、値段がお求めやすいのも嬉しかったです。

▼2個セットの価格はこのような感じでした。

THERMOS 真空断熱カップ JDH-360 使ってみた感想

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?
引用元:楽天市場

サーモス 真空断熱カップ JDH-360悪いところ(デメリット)

結果的には一番気に入った サーモス 真空断熱カップ JDH-360ですが、実際に使ってみて合わない人もいるかな? と思われた点をご紹介するッス!

デザイン・質感

デザインは、好みにもよりますよね。

でも、サーモス 真空断熱カップ JDH-360は、昔ながらの保冷・保温カップという感じで、お部屋で使うには抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

また、ステンレスタイプは金属感がつよいので、口につけたときにどうかな?と、私も思っていました。

実際には、フチがなめらかなので、あまり違和感はありませんでした。

でも、デザインが気に入らなかったり、質感に不安を感じるなら、陶器調もいいかもしれませんね。

保冷効力が弱い?

私は先に サーモス 陶器調タンブラー JDM-420 を使っていたせいか、JDH-360の方がほんの少し早く氷が解けるように感じました。

実際に保冷効力(1時間)のデータを、サーモスの公式サイトで調べたところ、

  • 陶器調タンブラーは、7℃以下
  • JDH-360は、8℃以下

となっていました。

でも、2~3時間で1杯のみ終える感じなら、まったく問題ありません。

ちなみに、保冷効力を色々と調べたところ、背の高いタンブラータイプはおおむね7℃のようでした。

▼こちらのステンレスタイプ(350ml)も7℃以下でした。

実際につかってみて、カップとタンブラーの保冷効力の差は、ほんのちょっとッス。
でも、とことん保冷効力を追求したいなら、タンブラータイプもいいかもしれないッスね。

サーモス 真空断熱カップ JDH-360 良いところ(メリット)

実際に使ってみて感じたメリットをご紹介しますね。

ステンレスタイプはキズが目立たない

サーモス 真空断熱カップ JDH-360と一緒に、サーモス 陶器調タンブラー JDM-340も購入しました。

最初に買った陶器調タンブラーの小さいサイズですね。

サーモス 陶器調タンブラー JDM-340はこちら。

グラデーションのピンクとブルーを買いました。

しかしこれが、キズつきやすいんです。

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?
半月ほど使った様子

大きい方のネイビーとホワイトは、キズが気になることはありませんでした。

でも、よく見ると白はほんの少しキズがありました。

もしかしたら、ネイビーも保護色で見えないかもしれません。

塗装にキズができても、保冷効力には影響がありません。

でもやっぱり、すぐにキズがつき始めたのはショックでした。

もちろん、ステンレスタイプは細い傷が多少ついたりはします。

でも、目立たないので、気にならないんですね。

キズを気にせずに使ったり、洗ったりできるのは、なかなか快適です。

ちなみに、陶器調タンブラーでも、黒はキズがつかないというレビューが多かったです。

陶器調にするなら、黒かネイビーが良いかもしれませんね。

陶器調タンブラーのレビュー記事は、
↓ こちらです。
サーモスのタンブラー JDM-420・340の口コミ!黒がおすすめな理由とは…

結露しない

これは、タンブラーやマグカップにも共通するメリットです。

氷をたくさん入れて、ゆっくり飲んでいても、ほとんど結露しません。

フチのまわりに少しだけ、細かな水滴がつくことはありました。

でも、つたい落ちるほどの結露は、ありません。

コースターがボトボトになったり、カビが生えてしまうことがなくなって、助かっています。

温かい飲みものにも良き

サーモス 真空断熱カップ JDH-360 は、安定感のあるデザインなので、温かい飲みものを入れても飲みやすいです。

タンブラーやマグカップでも問題はないのですが、お湯割りなどを召し上がる方には、JDH-360はしっくりくるのではないでしょうか。

▼メリットだらけのサーモス 真空断熱カップ JDH-360はこちら

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥868(2021/10/19 21:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

THERMOS 真空断熱カップ JDH-360 口コミ・評判をレビュー

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?
引用元:楽天市場

それでは、実際にサーモス 真空断熱カップ JDH-360を使っている皆さんの口コミ・評判をご紹介いたしますね。

×縦長のを使ってましたが洗いにくい、という理由からこの商品を購入しました。洗いやすいです。しかし保冷効果は期待外れ。普通のガラスグラスに毛が生えた程度です。しかし結露しないのはありがたい。

引用元:Amazon

×使って2か月ぐらいですが、金属臭は結構気になります。
このタンブラーは磁石にくっつくので、多分SUS304からSUS430辺りに材質を変えてるんでしょうね。
材質までは公開されてないので、違うかもしれませんが、304の方が保冷効果あるので・・
この値段なら、しょうがないのでしょうね。
悪い所ばかり書きましたが、そこそこ満足してます。

引用元:Amazon

×食洗機NGなのが残念ですが、結露せずお気に入りです。

引用元:楽天市場

保冷・保温できない?

評価の低い口コミを読んでいますと、ときどき「保温・保冷できてない」と書かれているのを見かけました。

温度の体感に個人差はあると思いますが、本当にぜんぜん保冷・保温できていないなら、初期不良の可能性もあります。

交換や返品はめんどうですが、もったいないので、購入先に問い合わせてみるといいかもしれません。

食洗器NG?

そしてJDH-360は、底面に保護シールが貼ってあるため、食洗器NGとのことです。

でも、私は毎日、食洗器で洗って乾燥させています。

高温すすぎなどを使っていないせいか、そろそろ1ヶ月になりますが、シールもキレイなままですし、まったく問題ありません。

でも、公式にはNGなので、食洗器の使用は自己責任になってしまいますね。

ちなみに、真空断熱の製品は、製造段階で真空にするために底に穴を開けて、その後穴をふさぐそうです。

そのふさいだ部分を保護するために、シールが貼ってあるんですね。

そのため、保護シールをはがすと、保温不良の原因になる場合があります。

保護シールは、はがさないでくださいね。

それでは、評価の高い口コミも確認してみましょう。

280mlと迷ったものの、個包装のドリップコーヒー用なのでこのサイズで丁度良かったです。
牛乳多めでも、氷たっぷりでも大丈夫そう。
熱々入れてもほんのり温かい位なので一年中使えますね。 

引用元:楽天市場

自宅用に購入。
もっと早く買えば良かったです。

引用元:楽天市場

さすがサーモス、使いやすい。
丁度良い大きさ、洗いやすさ、口当たりの良さ、保温保冷効果、全てにおいて満足です。
今までは安物の真空断熱のタンブラーを使っていましたが、比べるとやはり口当たりの良さや形も良く、作りがシッカリしていて違いますね。
容量が360mlのものは350ml缶を注ぐとギリギリ入りますが、氷を入れると溢れてしまうくらいの本当にギリギリなので、350ml缶の飲み物を余裕を持って入れたいのであれば、もう一つ上の400mlの容量の方が良いかもしれません。

引用元:Amazon

買って正解です。
かなり安定性があるのでよほどのことがないと倒すってことはないし水滴でビチャビチャにならないのがいいですね。
夏はこれなしの生活は考えられないです。

引用元:Amazon

デザイン、容量とも素晴らしい製品です。
少し太めではありますが、手に持った感じは見た目ほどの太さは感じません。
何より安定感が素晴らしく、コースターの上に置いても倒れそうにありません。
保温、保冷の時間も長く、飲みきるまでは十分です。

引用元:Amazon

やはり、サーモスの製品だけあって、みなさんの満足度も高いことが伺えますね。

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミは、圧倒的に★5が多いサイトばかりでした。

昔ながらのシンプルで安定感の高いデザインも、人気の秘密かもしれませんね。

▼選ばれてロングセラー♪ サーモス 真空断熱カップ JDH-360はこちらです。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥868(2021/10/19 21:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

THERMOS 真空断熱カップ JDH-360 まとめ

サーモス 真空断熱カップ JDH-360の口コミ!タンブラーより良かったのはなぜ?
引用元:楽天市場

最初はステンレス製であることや、昔ながらのデザインに抵抗を感じた THERMOS 真空断熱カップ JDH-360 ですが、今では主人のいちばんのお気に入りになりました。

口あたりもなめらかで、キズも目立たないし、ドッシリと安定感があるのは魅力ですね。

太すぎて持ちにくい (JDH-360は直径8cm×高さ9.5cm) というレビューも少しみかけましたので、手の小さい方は 208ml サイズのJDH-280(直径7.5cm×高さ9cm)のほうが、しっくりくるかもしれません。

背の高いタンブラータイプのほうが、少しだけ保冷効力が高いですが、白やグラデーションはキズがつきやすいです。

タンブラータイプなら、黒やネイビーかステンレスタイプがいいかもしれませんね。

私もJDH-360がいちばん気に入ったのだけれど、夫にとられてしまったので(笑)、陶器調のグラデーションJDM-340を愛用しています。

2021年には、蓋つきのタンブラー ↓ も発売されたッス!
昼は蓋してテレワーク、仕事が終わったら蓋なしでも使えて良さそうッス!

あなたも自分にピッタリなカップを手に入れて、美味しい飲みものをゆっくり楽しんでくださいね♪

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥868(2021/10/19 21:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました