AfterShokzのOpenMoveとAeropexの違いを比較!口コミや評判をレビュー!

【AfterShokz最新の骨伝導ヘッドホン】OpenMove(オープンムーブ)とAeropex(エアロペクス)を徹底比較!
出典元:楽天市場

2020年11月9日、クラウドファンディング中のOpenCommと、Aeropex、OpenMoveの比較記事を公開しました。
↓ こちら ↓ も、よろしければお役立てください
AfterShokz Aeropex/OpenMove/OpenCommの違いを比較!口コミ・評判もレビュー!

AfterShokz アフターショックス 社の骨伝導ワイヤレスヘッドホン OpenMove オープンムーブ と、その上位機種となる Aeropex エアロぺクス の違いを比較しました。

口コミや評判もレビューします。

OpenMoveAeropexはオープンイヤーなので、音楽や通話を聴きながら周りの声や音もシッカリと聞き取れます。

軽量でズレにくく、防水機能も優れています。

ですのでトレーニング中にも音楽や通話を楽しみたい方には、第一選択のイヤホンと言えるでしょう。

それに、耳に負担がかからないから、外耳炎などの予防にもいいのよね!

私みたいに耳を塞ぐタイプだと、すぐに耳が痛くなる人にもおすすめしたいわ。

でも、どちらがいいの?

せっかく買うなら、価格が高い方が間違いないかしら?

ご自分のニーズさえ満たしていれば、必ず高価な方を選ぶ必要はありません。

OpenMoveAeropexの違いを、分かりやすく比較してみましょう。

AfterShokz アフターショックス社をおすすめする理由や会社情報、骨伝導ヘッドホンに関する説明につきましては、
↓ こちら ↓の記事をご覧くださいね
骨伝導ヘッドホンはAfterShokzが1番いい!おすすめの理由

この記事を書いた後、OpenMoveを購入しました
レビュー記事は ↓ こちら ↓ です。
AfterShockz OpenMove 使ってみました!初めての骨伝導レビュー

すぐに商品をご覧になりたい方はこちら↓をクリックしてくださいね。

OpenMove は、よりリーズナブルなお値段で発売されました。


上位機種 Aeropex は、発売当時より少しお求めやすくなっているようです。

スポンサーリンク

AfterShokz OpenMoveとAeropexの違い比較表

【AfterShokz】「OpenMove」「Aeropex」比較表
出典元:楽天市場

オープンムーブエアロぺクスは、どちらもアフターショックスの骨伝導ワイヤレスヘッドホンだけど、大きな違いは何なの?

まず定価ですが、OpenMoveはAeropexの約半額です。

その違いは、

防水機能OpenMoveは生活防水Aeropexは生活強化防水であることと、

連続再生時間が、OpenMoveは6時間Aeropexは8時間というポイントが大きいですね。

詳しくは、下の比較表もご参照ください。

■AfterShokz OpenMoveとAeropexの違い比較表
※太文字の項目に差があります。

OpenMove(定価9,999円)Aeropex(定価19.996円)
本体サイズ約110(W)×132(H)×45(D)mm
約348mm(伸長時の長さ)
約100(W)×122(H)×35(D)mm
約340mm(伸長時の長さ)
重量29g26g
同梱品・AfterShokz OpenMove 本体
・USB-C ケーブル(充電用)

・専用ポーチ
・日本語マニュアル
・イヤープラグ(耳栓)
・保証書(2年間)
・AfterShokz Aeropex 本体
・マグネット充電ケーブル
・シリコン製ポーチ

・ユーザガイド(日本語を含む12言語対応)
・イヤープラグ(耳栓)
・保証書(2年間)
防水防塵性能※1IP55IP67
連続再生時間最長6時間最長8時間
充電方式USB-C充電※2付属の充電器で充電
充電時間
(待機時間)
約2時間
(最長240時間)
約2時間
(最長240時間)
Blootooth
マルチポイント
ペアリング対応※3
Bluetooth5.0Bluetooth5.0
対応機種Bluetooth搭載のスマートフォン、オーディオプレーヤー、パソコンBluetooth搭載のスマートフォン、オーディオプレーヤー、パソコン
カラー展開※42色4色
保証期間※5購入日より2年間購入日より2年間

値段が随分違うのね!

定価だと、オープンムーブエアロぺクスの半額で買えちゃう

連続生成時間もチェックポイントですね。

OpenMoveは6時間Aeropexは8時間です。

1日の使用時間が6時間以内なら、OpenMoveでも全く問題ありませんね。

AfterShokz OpneMove Aeropex ※1:防水防塵性能

IP55 とか、IP67 と言われても、さっぱり分からないわ

「IP〇〇」というのは、IP規格で定められた表記です。

手っ取り早く説明すると、

OpenMoveIP55は、汗やにわか雨に濡れても大丈夫な生活防水。

Aeropexは、丸洗いOKで、バケツで水をかけられても大丈夫ですが、水泳や潜水時のご使用は保証できかねます。

なるほど…

それなら私のように1日に6時間未満テレワークが主目的なら、OpenMoveで充分ね♪

でも水上スキーなども楽しむ人なら、Aeropexが必要ということかしら。

そうですね。

清潔に丸洗いしたい方や、入浴中にも利用したい方にもAeropexがおすすめです。

※IP規格についての詳細をご確認になりたい場合はこちら
→「IP規格・防水保護構造及び保護等級」をご覧くださいね。

AfterShokz OpneMove Aeropex ※2:USB-C充電

OpenMoveは、上下左右の区別がないUSB-C充電ポートが搭載されています。

そのため接続時にはリバーシブルに挿し込むことが可能で、従来のUSB端子のように「上下が逆向きで挿さらない」といった問題が発生しません。

また万一、付属のケーブルを紛失しても、市販のCタイプのUSBケーブルで充電可能です。

AfterShokz OpneMove Aeropex ※3:マルチポイントペアリング対応

1つのOpenMoveに対して、同時に2つのデバイスをマルチペアリング接続することができます。

たとえばスマートフォンとパソコンの2台に同時接続している場合。

パソコンとペアリングして動画を楽しんでいるとき、スマートフォンに電話がかかってきたとします。

マルチポイントペアリングなら、スピーカー部分のボタンを押すだけ。

スマートフォンにペアリングが切り替わり、通話に出ることができます。

通話終了後も、もう一度ボタンを押すだけでパソコンにペアリングが切り替わります。

デバイスを繋ぎ直す手間がありません。

AfterShokz OpneMove Aeropex ※4:カラー展開

AfterShokz OpneMove のカラー展開は、スレートグレーと、アルパインホワイト2色でした。

ですが2020年1月にピンクとブルーのモデルも追加され、4色展開となりました。


AfterShokz Aeropexのカラー展開は、4色

コズミックブラックルナグレーブルーエクリプスソーラーレッドと、色とりどりですね。

本体カラーは、もちろん性能には関係ありません。

でも好きな色は気分があがりよね。

それに風水を気にする方や、縁起を担ぐタイプの方にはソーラーレッドなども人気のようですよ。

AfterShokz OpneMove Aeropex ※5:保証期間は安心の「2年間」

ヘッドホンなどの保証期間は、購入日から1年というのが一般的ですよね。

ですがAfterShokz社ではOpenMoveAeropexも、購入日から2年間の保証期間が設けられています。

この点も、私がAfterShokz社に注目した理由の一つです。

製品に自信がなければ、保証期間を長めに設定することはできないですものね。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホンの評判・口コミ

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホンの評判・口コミ
出典元:楽天市場

性能の比較をご覧いただきましたが、あなたのライフスタイルには、どちらがよりマッチしそうでしょうか。
それでは、数値だけではわからない、実際に購入して使用された方たちの口コミも、OpneMoveAeropexそれぞれに、ご紹介いたしますね。

AfterShokz OpneMove の評判・口コミをレビュー!

×ランニング等運動時に使うものとしては良い製品コンセプトだと思いますが、汗をかくことを考えると、もう少し防水性能を上げて、丸洗いできると良かったかな〜

引用元:Amazon

×最初、なかなかペアリングできないなぁと思い、返品しようかと思ったら、長押しからのペアリングモードになるよう。
AfterShokzブランドを信じてよかった。
けど、どうもまわりに聞くと、音漏れしているそうで、とても残念。

引用元:Amazon

×この商品は、音楽を聴きたいけど、周囲の音にも気を配る必要がある、散歩・ランニング・自宅での留守番・在宅勤務等の場面にはピッタリと感じました。
でも、そういった場面でなければ、普通のイヤフォンやヘッドフォンが良いと思います。

引用元:Amazon

もう最高の使い心地!
初めての骨伝導ですが、こんなに快適ならもっと早く使いたかった。。。

引用元:Amazon

問題なく重宝しています。
耳を塞がないので外の音も問題なく聞こえるし、疲れにくいかなと。
保障もあるみたいだし安心して使えます。
操作もしやすくお勧めです。

引用元:Amazon

1日中テレワーク → ヘッドセットつけっぱなし → 慢性外耳炎となり,骨伝導にたどり着きました。
耳がオープンなので楽です。(耳への負担減を実感します)

引用元:Amazon

テレワークで毎日長時間Web会議を行っています。
イヤホン、ヘッドセットなど色々試し、耳が痛くなって困っていたところにこの商品にたどり着きました。
使用開始して約1ヶ月経ちますが、耳が痛くなることもなく音声もクリア、マイクも良好で大変気に入っています。

引用元:Amazon

普段はワイヤレスイヤホンを使ってるんですがなんとなく骨伝導イヤホンが気になってポチッてみました。
ウォーキングに使ってみたらめちゃくちゃ良くて あーなるほどと 感心しました。
車や風の音 話し声 ちゃんと聞こえてよくできてるなあと。
これは感動です。

引用元:Amazon

今回も色々とレビューを読み漁りました。

しかしながら悪い評価を探すのが少し大変なくらい、好評価が多く見受けられました。

AfterShokz Aeropex の評判・口コミをレビュー!

×メガネかけてる人はちょっと干渉する。
やっぱり眼鏡と同じ場所にケーブルがかかるので、そこに圧はかかります。

引用元:Amazon

×残念ながら音質は話になりません。
ランニング時に環境音が聞こえるのはありがたいのですが、
中音域の音の抜けとか、低音域の量感とか、話になりません。

引用元:Amazon

×頭の後ろ側に来るバンドの部分が大きく
張り出しているため寝転がって使用する事は困難です。それが改善できれば大変
素晴らしいとは思いますが、難しいのでしょうね。

引用元:Amazon

もう旅のお供になくてはならないアイテムになってます。
バッテリーの持ちは最高、充電ケーブルの革命的カッチリ感、良い音質。
そしてなにより風呂で頭洗いながらでも聴けちゃう防水性能。

引用元:Amazon

前作のAIRでも、ほかの骨伝導イヤホンとは比較にならないほどの完成度だったと思う。
今回のAeropexは、完璧だと思います。
とにかく装着時に邪魔にならない自然な装着感が、これより良い製品は無いはずです。

引用元:Amazon

しばらく使ってみて感じたのは、2台同時ペアリングがかなり便利なことでした。
スマホとiPodを使っているんですが、iPodで音楽を聴き、電話があるとスマホに勝手に切り替わってくれます。
通話終了すると、またiPodで再生中だったものが鳴り出します。

引用元:Amazon

主に歩きながらの通話や、ジムのトレーニング中に音楽を聴く時に使用しています。
長時間つけていても耳が痛くならず、着け心地はとても快適です。
周りの音を拾いながら安全に音楽を楽しむことができ、とても気に入ってます。

引用元:Amazon

これまで、いくつかの骨伝導を買って比較してみてましたが、この商品については今までのものよりも音質・重さ・音の大きさ等どれもよかったです。
また、操作する際は日本語のガイダンスなのも良い点でした!

引用元:Amazon

音質に関する感想は、個人差がわりとあるようでした。

しかしながらOpenMoveAeropexともに骨伝導式のヘッドホンの中では、スバ抜けているという印象を感じるほどに高い評価を得ていることが多くみられました。

この記事を書いた後、OpenMoveを購入しました
レビュー記事は ↓ こちら ↓ です。
AfterShockz OpenMove 使ってみました!初めての骨伝導レビュー

スポンサーリンク

AfterShokz OpenMoveとAeropexの違いを比較★まとめ★

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホンの評判・口コミ

出典元:楽天市場

あなたのニーズには、OpenMoveAeropex、どちらがより合いそうですか?

本体サイズや重量にも若干の差はありますね。

ですがOpenMoveの29gでも、かなりの計量設計です。

おそらく26gと29gの差をしっかり感じる方は、あまりいないのではないでしょうか。

大変長くなりましたが、AfterShokz社最新機種の骨伝導ヘッドホンOpenMoveとAeropexのご紹介は以上となります。

ここまで読んで下さり、誠にありがとうございます!

ぜひ、ご自分にピッタリの機種を選んで、快適にお過ごし下さいね。

 

レビューの中では、Aeropexをお風呂で使っている方がいたのが驚きでしたね!

でも私はリモートワークが目的だから、 OpenMove が良さそう

予算が1万円で済むのも、とっても嬉しいわ

 

 

ランニングやトレーニングなどでご利用になりたい方も、OpenMoveの性能で充分かも知れません。

ですが何事にも万全を期したい方や、清潔好きで丸洗いをしたい方は、Aeropex もチェックされてみては?

定価より少しお安く購入できる場合も増えてきたようですよ。

 

この記事を書いた後、OpenMoveを購入しました
レビュー記事は ↓ こちら ↓ です。
AfterShockz OpenMove 使ってみました!初めての骨伝導レビュー

Aftershockz製の骨伝導ワイヤレスヘッドホンには、子供用テレビ用もあるのをご存じですか?

↓ 子供用AeropexPlayのご紹介はこちら ↓
■AfterShokzのAeropex Playのメリット・デメリットは?口コミ・評判もレビューします!

↓ テレビ用AFT-EP-000021のご紹介はこちら ↓
■Aftershockz骨伝導テレビ用ヘッドホンがW受賞!口コミ・評判も♪

タイトルとURLをコピーしました