Shokz(AfterShokz)新製品2022 骨伝導イヤホンの選び方★買うならどれ?

引用元:楽天市場

Shokz(AfterShokz)の新製品、2022年はOpenRunPro・OpenRun・OpenRunMini・OpenSwimと、続々と登場しました。
その一方、Aeropexやテレビ用が製造を終了するといった動きもありました。

この記事では、現在販売されているShokzの製品それぞれの特徴や、どんな人にどれがいいのかを紹介するッス!
それでは早速いってみましょー!

▼すぐにShokzの新製品を確認したいあなたは、こちらをクリックしてくださいね。
(いろいろな機種をご覧いただけます。)

スポンサーリンク

Shokz(AfterShokz)新製品2022 骨伝導イヤホンの選び方★

引用元:楽天市場

Shokz(AfterShokz)新製品2022

Shokz(AfterShokz)の2022年度新製品は、

  • OpenRunPro
  • OpenRun
  • OpenRunMini
  • OpenSwim

あとでひとつずつ詳しく解説しますが、とても簡単に解説すると、

OpenRunProは、最新のオーディオや機能を搭載したハイエンドモデル(最上位機種)。

OpenRunは、Aeropexの後継機となるスタンダードモデル(標準機種)。

OpenRunMiniは、Openrunのバンド部分が2.1cm短くなったミニサイズ(標準機種)。

OpenSwimは、防水防塵性能IP68の完全防水型モデル。

というそれぞれに特徴をもつ製品です。

2022年7月現在、販売中の製品は?

現在、Shokzが公式に販売中としている骨伝導イヤホンを、価格順にならべると、下表のようになります。

製品名税込価格
最上位機種OpenRunPro23,880円
通話特化モデルOpenComm22,880円
完全防水型OpenSwim21,880円
子供用モデルAeropexPlay19,998円
標準モデルOpenRun
OpenRunMini
17,880円
入門用モデルOpenMove9,999円
参照元:Shokz公式サイト

後継機となるOpenrunが発売されて、従来品のスタンダードモデルだったAeropexの製造は終了しました。

また、テレビ用の AS801-ABT01 も、生産を終了しています。

市場に出まわっている在庫が売切れたら、完全に販売終了ですね。

とはいえ、Aeropex については、2022年新製品のスタンダードモデル OpenRun が、Aeropex の見た目はそのままに性能がアップしたのに、定価は2000円ほどダウンしました。

市場の動きとしては、Aeropexが少し値引きされることもあるかもしれません。

でも、しばらく使いつづけることを考えると、OpenRunを買うといいかもしれませんね。

どれが一番いいの?

Shokzの骨伝導イヤホンは、それぞれに特徴があります。

そのため、一概に「これがいいよ!」とは言えません。

ですので、ひとつずつ順番に、どんな特徴があってどんな方に向いているか見てみましょう!

めっちゃくわしい解説は、各機種ごとに記事があるので、ご興味のあるものだけご覧になってくださいッス!

▼「もういい、今買いたい!」というあなたはこちらをクリックしてくださいね笑。
(いろいろな機種をご覧いただけます。)

Shokz(AfterShokz)新製品2022 買うならどれ?

引用元:楽天市場

オーディオ重視なら、OpenRunPro

Shokz のハイエンドモデル OpenRunPro は、

  • オーディオ(低音)にこだわりが強い方
  • アプリと連携してより快適に使いたい方
  • 防水防塵性能は生活防水ていどでOKの方
  • 充電稼働時間や、急速充電の性能の高さを求める方
  • ご予算にゆとりのある方

上記のポイントに多くあてはまる方によさそうです。

※Shokzアプリに対応しているのは、2022年7月現在では、最上位機種のOpenRunPro だけです。
(アプリでは、電池残量の確認・イコライザモードの切替・再生停止・次の曲・前の曲・音量調整などができます。)

OpenRunPro に関するくわしい記事は、
↓ こちらです。
Shokz OpenRun と OpenRunPro の違いを比較!MiniがあるのはOpenRunだけ★

テレワーク特化、OpenComm

OpenCommは、テレワーク(通話)に特化したモデルで、収納可能なムーヴマイクを搭載しています。

1時間の充電で最長16時間使用可能で、5分で2時間の通話が可能な急速充電も搭載されています。

そのため、

  • テレワークや現場作業など、通話の多い方
  • 通話音声の質にこだわりたい方
  • 一日のご利用時間が長い方
  • 防水防塵性能は生活防水ていどでOKの方

上記のポイントを重視される方にはおすすめといえそうです。

OpenCommに関するくわしい記事は、
↓ こちらです。
AfterShokz OpenComm/Aeropex/OpenMoveの違いを比較!口コミ・評判もレビュー!

水泳OKの完全防水型、OpenSwim

OpenSwim は、防水防塵性能がIP68。

完全防水型のモデルです。

そのため、

  • 泳ぐときに使いたい方
  • 防水防塵性能にこだわりたい方

は、OpenSwim が安心です。

OpenSwimに関するくわしい記事は、
↓ こちらです。
Shokz(AfterShokz)新製品2022 OpenSwim 完全防水の価格は?性能的にはどうなの??

低年齢のお子様向け、AeropexPlay

AeropexPlayは、Aeropexの性能はそのままに、バンド部分が4.3cm短くなった子供向けのモデルです。

キッズ向けなので、最大音量制限機能も搭載されています。

  • 小学生くらいまでのお子様
  • 小柄な大人の方

のためのモデルです。

オープンイヤーなので、AeropexPlayをつけたお子さんが夢中でゲームをしているときに声をかけても、気づいてくれやすいというレビューもありました。

AeropexPlay に関するくわしい記事は、
↓ こちらです。
AfterShokzのAeropex Playのメリット・デメリットは?口コミ・評判もレビューします!

中学生くらいからは、次に紹介する OpenRunMini や、普通サイズの製品が合いそうですよ♪

充実のスタンダードモデル、OpenRun/OpenRunMini

↓ スタンダードモデル、OpenRun。

↓ バンド部分が2.1cm短くなった OpenRunMini。

OpenRun、OpenRunMini はスタンダードモデルで、性能は同じです。

うしろのバンド部分が2.1cm短くなったミニサイズが、OpenRunMini 。

OpenRun は、Aeropex(従来機)と同じサイズです。

スタンダードモデルがおすすめな方は、

  • 本体をサッと丸洗いしたい方
  • かるいシャワーの時などにも使いたい方
  • 軽量な製品をお探しの方

上記のようなご希望のある方になります。

OpenRun/OpenRunMini に関するくわしい記事は、
↓ こちらです。
Shokz OpenRun と OpenRunPro の違いを比較!MiniがあるのはOpenRunだけ★

低価格な入門用、OpenMove

OpenMove は、リーズナブルな価格の入門用モデルです。

  • 骨伝導イヤホンが初めてで、ちょっと試してみたい方
  • 購入費用をおさえたい方

は、OpenMove がいいかもしれません。

私も、初めての骨伝導イヤホンは、OpenMove でした。

OpenMove に関するくわしい記事は、
↓ こちらです。
AfterShokzのOpenMoveとAeropexの違いを比較!口コミや評判をレビュー!
AfterShockz OpenMove 使ってみました!初めての骨伝導レビュー

Shokz の製品は、すべて購入日から2年間の保証期間がついています。

製品に自信がある証拠ッスね!

Shokz(AfterShokz)新製品2022 まとめ

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホンの評判・口コミ
引用元:楽天市場

毎年発売される、Shokzの新製品。

2022年はOpenRunPro・OpenRun・OpenRunMini・OpenSwimと、続々と登場しました。

その一方では、Aeropexやテレビ用が製造を終了するなど、製品のラインナップに動きがありました。

現在販売中の製品を、目的別に並べると、下表のとおり。

製品名重要ポイント
最上位機種OpenRunPro最新オーディオ・アプリ対応
通話特化モデルOpenCommテレワーク(通話)音声良好
完全防水型OpenSwim水泳(水深2mまで)OK
子供用モデルAeropexPlay小学生くらいまでのお子様向け
標準モデルOpenRun
OpenRunMini
軽量ですぐれた音質・性能
(水泳・長時間の水没 不可)
入門用モデルOpenMove低価格、問題ない音質・性能
参照元:Shokz公式サイト

ご自分のニーズに合った製品を見つけてくださいね。

耳をふさがないイヤホンって、想像以上に快適ッスよ~♪

▼オーディオ重視なら、OpenRunPro。

▼テレワーク(通話)特化型、OpenComm。

▼水泳OKの完全防水型、OpenSwim。

▼低年齢のお子様向け、AeropexPlay

▼充実のスタンダードモデル、OpenRun/OpenRunMini。

↓ スタンダードモデル、OpenRun。

↓ バンド部分が2.1cm短くなった OpenRunMini。

▼低価格な入門用、OpenMove。

タイトルとURLをコピーしました